FC2ブログ

記事一覧

発狂する唇

hakkyousurukuchibiru.jpg






『発狂する唇』






1999年 日本






《スタッフ&キャスト》



監督 佐々木浩久


脚本 高橋洋


撮影 喜久村徳章


音楽 ゲイリー芦屋




出演 三輪ひとみ/夏川ひじり/由来宜子/吉行由美/栗林知美/下元史朗/阿部寛/大杉漣/鈴木一真






《解説》



首なし死体は夜歩く…


「リング」「着信アリ」の高橋洋が脚本を手がけた、エロあり、アクションありのホラーエンターテインメント、高橋洋のオリジナル脚本を高橋の指名で佐々木浩久が監督、香港からホン・ヤンヤンをアクション監督として招いている


女子中学生の首が切り落とされるという連続殺人事件が発生、容疑者とされた倉橋美智夫は行方をくらましていた、無実を願う妹・里美は霊能者・間宮悦子に依頼、悦子が倉橋家に来てからは、里美のまわりの世界は呪われたように狂っていくのだった!






《物語》



女子中学生連続殺人事件が発生して半年余り、容疑者と思われる倉橋美智夫は行方をくらましており、彼の実家の前には連日マスコミが押し寄せていた


hakkyousurukuchibiru3.jpg


兄の無実を願う妹の里美は駅で切り付けられる嫌がらせを受けて帰宅、そこに刑事がやって来るが里美のケガなど気にもせず美智夫の行方を教えれば警備でもしてやると笑いながら出て行った


父親は死刑になり夜逃げ同然にこの町にやって来た、今の生活を捨てたくない里美は兄の捜索と真犯人を探すべく霊能者の間宮悦子に依頼、倉橋家を悦子と助手の当麻が訪れる


hakkyousurukuchibiru17 (2)


悦子は美智夫が犯人ではない、犯人は女だと断言、夜になり悦子は降霊実験を行い、殺された女子中学生たちの霊を呼び寄せた、里美には首のない女子中学生たちの姿が見えた


悦子が頭を探せと命令すると自分の首を求めて彷徨い歩き出した、彼女たちの首は犯人が隠している、しかし里美の姉のかおりは信じられないと追い出してしまう


しかし当麻は母親をセックスで骨抜きにしてしまい、かおりもその性技で虜にしてしまう、その光景を見た里美は家を飛び出し、公園で尾行している刑事に侮辱されて念力で殺してしまう


hakkyousurukuchibiru2 (2)


そこに現れたのはFBIの成本とルーシーに匿われる、FBIは悦子らを追っていて何か恐ろしい事を企んでいる、女子中学生連続殺人事件も悦子らが仕組んだ事、美智夫を助ける為にも協力して欲しいと説明


hakkyousurukuchibiru21.jpg


家に戻ると当麻とかおりが下着姿でいちゃつき里美を罵る、そこに刑事が現れて同期の刑事が殺されたと言い、悦子は里美がやったと言うと全員で里美を押さえつける


hakkyousurukuchibiru9 (2)


その里美を刑事に乱暴させるが、刑事の首に紐を掛けて首吊り状態にして里美とセックスさせ、後ろから当麻が挿入して里美を凌辱、それを見ながら悦子は儀式を行う


気を失っていた里美が目を覚ますとテレビから大佐と呼ばれる男が話し掛けてきた、彼もFBIで里美を監視していると説明、そこにかおりが刑事の死体をバラバラにして風呂場で硫酸で溶かすように指示


hakkyousurukuchibiru16 (2)


悦子はもうすぐ解決すると言い、そして美智夫と悦子は将来を誓い合った仲で美智夫は大きな目的の為に動いていると告げる


hakkyousurukuchibiru20.jpg






《解説》



おいらはこの作品が大好きなんです、はっきり言って内容は支離滅裂で何が何やら分かりません、ホラー映画かと思ったらSFチックだったりアクションだったりとね


主人公の里美を演じるのが当時、ホラークイーンと呼ばれた三輪ひとみ、幸薄い顔立ちで兄が容疑者となった事でマスコミに追われて近所からは嫌がらせ、遂には切り付けられる事件まで


hakkyousurukuchibiru8.jpg


それを警察に訴えても相手にしてくれません、父親は死刑になりその息子が連続殺人事件の容疑者、刑事も家に入って唾を吐く有り様です、家族に悪態付いて帰って行きます


どうしようもなくなって里美は霊能者の悦子に依頼、当初は道を彷徨っていて目に付いた看板を見て事務所に入ったと思っていたのですがそれは全て仕組まれていたんです


姉のかおりを演じるのが夏川ひじり、霊能者の悦子と助手の当麻が家に入り込んで降霊実験を開始した事がインチキ臭くて追い出すんですが母親が既に当麻の虜になっているんです


hakkyousurukuchibiru13.jpg


母親が協力してかおりを乱暴して当麻がその体でかおりを虜にするんです、悦子には大したものだと絶賛されます、それほど当麻のセックスは女を狂わせるものなのでしょう


hakkyousurukuchibiru15.jpg


悦子を演じるのが由良宜子、霊能者なのですがどうやら本物のようで、首なし女子中学生らが首を求めて彷徨い出すんです、それを里美は見てしまい、悦子は里美に能力がある事を知るんです


hakkyousurukuchibiru19.jpg


なので里美は自分を尾行していた刑事を念力で殺してしまいます、それによって同僚の刑事が倉橋家にやって来て犯人の里美を乱暴をするんです、これがまたエロくてそれでいてえげつないです


しかも刑事は首を吊られたままで後ろから更に当麻が貫き里美は半裸で持ち上げられたまま乱暴をされるんです、気が付いた里美はテレビの中から声を掛けられて大杉漣演じる大佐に、お尻痛かった?と


hakkyousurukuchibiru22 (3)


大佐はFBIで同じくFBIの金髪のルーシーを演じるのが栗林知美、彼女もラスト間近で当麻に乱暴されるのですがその衣装は刺激的で、ガーターベルトの上にパンティを履いています、女性スタッフがパーティを履いてからガーターベルトではと監督に聞くのですが監督はあなたはロマンポルノを知らないと(笑)


hakkyousurukuchibiru25 (2)


しかもルーシーは悦子に金髪の頭の皮を剝がされてしまうんです、そこに来たのが阿部寛演じる成本が当麻とルーシーを殺します、そこまでの失敗を成本はルーシーに責任を押し付けてドロン


hakkyousurukuchibiru12 (2)


女子中学生連続殺人事件の容疑者の美智夫を演じるのは鈴木一真、出てくるのは後半なのですが彼の口から驚愕の事実が語られます、被害者家族らと森の中でカンフーアクションとなります


hakkyousurukuchibiru5 (2)


監督は佐々木浩久なのですが、脚本が高橋洋でホラー映画っていうよりおどろおどろしい展開であってSFだったりミュージカルだったり、笑えたりと強烈な作品です


hakkyousurukuchibiru23.jpg






高橋洋が放った発狂ホラーエンターテインメント! それが『発狂する唇』です。






続編はあるのですが、おいらとしてはまたまた支離滅裂な展開でしたね(笑)






hakkyousurukuchibiru.jpg



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タカ

Author:タカ
A級からZ級までの作品の中でもエログロを見つけてレビューさせてもらいます